CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
<< Swedish Style in KANSAI無事終了、おつかれさま〜 | main | 橋の向こう側へ〜淡路島へのプチ旅行1 おまけ  >>
橋の向こう側〜淡路島へのプチ旅行1
明石橋

オットのキューピーと月曜日から1泊2日の旅行に出かけていました。
忙しさも一段落したのと、
8年目の結婚記念日ということもあり。

初めて明石海峡大橋を越えて「淡路島」へ。
兵庫県民というのに、淡路島への旅行は初めてです。
快晴でながーい橋も渡り日和?でした。

今回の旅のテーマは「美食」と「温泉」
けして豪華ではなく、
ささやかでシンプルに旅を楽しもう!というもの。
民宿に泊まるのもハズカシナガラ初の試みでした。

今日はそんな旅のレポートを少し。

民宿

こちらが今回お世話になった民宿「南海荘」です。
淡路島の一番南端、鳴門海峡がすぐそばのお宿。
お部屋もきちんと掃除されていて、
新しい建物ではないけれども手入れをしている感じが好印象でした。
小さいながらもお風呂も温泉。
ヌルヌルとしたお湯質でお肌がツルツルになりましたよん!
「美人の湯」とも言われているのも納得でした。
とても感じの良いオーナーさんで、
ホテルや高級旅館では味わえない心温まる時間を過ごすことが出来ました。

道

車を海の側の駐車場に止めて
民宿までは、小さな坂を上がりました。淡路島は「瓦」の産地でもあります。
家々の屋根瓦が日本のしっとりとした美しさを醸し出していました。

食事

お料理自慢の宿だけあって本当においしかった!
やっぱり魚は鮮度が命ですね〜
名物の鯛の活け造りは、本当に鯛がしばらく生きていて、
口をパクパクさせていました。
キューピーがカメラを部屋に取りに行っている間、
死にかけ?の鯛君と2人きりで残され急に怖くなり、
ずるずると座布団をずらし、
テーブルからビミョウに離れて待っていました(笑)

眺め

予約時に海の見えるお部屋をお願いしておきました。
で、翌朝はこの眺め。
心が癒されます。

石ベンチ

海の近くの公園で淡路島の石を使ったベンチを発見。
トップが鏡のように磨かれていて、美しいアートのよう。

ふし麺

淡路島からのお持ち帰り「ふし麺」。
そうめんの産地でもある淡路島。
そうめんを作るときに麺を細くするために棒にかけて伸ばすのですが、
その時出来た端っこの部分を集めたもの。
腰が強くて、やみつきになる食感だそう。
これは「黒米」入り。お吸い物の中に入れたりしてもいいんですって。

フルーツ

淡路島はみかんやタマネギなどおいしいフルーツや野菜の産地でもあります。
立ち寄った道の駅でみかんと、こちらの不思議フルーツを買いました。
「フェイジョア」といいます。サイズは「ビワ」に似ています。説明書きに
「味はバナナとパイナップルを掛け合わせたような感じです。
押してみて少し柔らかくなったら半分に切って
スプーンですくって食べてください」
とありました。
早速お味見してみました。不思議な味!ライチにも似た香りもするような。
うーん、なんだかはまりそうです。
| 日々の楽しみ | 20:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 20:59 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://aj-design.jugem.jp/trackback/256
トラックバック