CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
<< お久しぶりです、べクストローム家の食卓再開します! | main | 『オガワ婦人の平日献立部』2016年11月スケジュール&内容ご案内 >>
べクストローム家の食卓、11月からの新クラス『オガワ婦人の献立部』コースについて

 

大変お待たせ致しました!!

 

べクストローム家の食卓、

こんな★新クラスから再開します。

 

その名も『オガワ婦人の平日献立部』

ネーミング、決してふざけている訳ではありません。

「オガワ婦人てなんなん?」って気になる方は、教室に来られた際に直接お訊ねくださいね!

ここに書く程のこともない、しょ〜もない理由なので(笑)

 

さて、こちらのクラスでご紹介するお料理は

決して派手なものではありません。

 

平日に普通にいただく

普通のお料理。

 

だけど、口に運べば

素直に美味しく

心がほっと安心し

身体が喜ぶお料理です。

 

ちょっとしたコツや組み合わせの妙で

いつものお料理もグンと

美味しさや仕上がりが変わる

 

そんなこともお伝えできたら

と思います。

 

家でちゃんと作る家庭料理は

自分も家族も幸せにする!

と、信じて私は毎日台所に立ちます。

 

だからといって、

一品一魂

プロの料理人みたいに

完璧なレベルを目指そうとしたら

疲れ果ててしまいます。

また腰も痛くなっちゃうし(苦笑)

 

だからもちろん、出来る範囲で...

自分に厳しくしすぎないことも

家庭料理を毎日作り続けるために大事なことかもしれませんね。

 

ちなみに、日々に作る家庭料理について

私自身の中での10か条があります。

 

1、おおよそ1時間適度で全体の献立てが完成すること

2、和食なら、出汁は自分でちゃんととる

3、献立ての中に、『手間』と『味』の強弱をつける

4、素材を無駄にしない

5、塩、醤油、みりん、などの、基本の調味料は質の良いものを使う

6、できるだけ旬のものを使う

7、食べることで健康的になれるように考える

8、道具の洗いものは、極力少なくすむように段取りを工夫する

9、お野菜もお肉もお野菜も、バランスよく食べる

10、なんらかの発酵食品を取り入れる

 

そんなこんなを

この新クラスでは

テーブルコーディネートも

肩の力を抜いたカジュアルなスタイルで

楽しくすすめていきたいと思います。

 

説明が長くなりましたので

募集の日程、

コースの内容については

次のブログでアップします!

 

 

| ベクストローム家の食卓 | 17:06 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 17:06 | - | - |
コメント
コメントする