CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
冬のアネヒルへ行ってきます
ホーム

明けましておめでとうございます!
ことしもどうぞよろしくお願い致します。

さて、
明日から3週間ほど
冬のアネヒル(スウェーデンの森のコテージ)に行ってきます。
目的は「冬ごもり」とロピスラボのための買いつけ。
今日はその準備のため
本をたくさん買い込んできました。
旅行、里帰りには本は欠かせません。絶対に。

年末から随分とブログをご無沙汰しておりましたが
私オガワコリスと
スウェーデン人オットのキューピーは
このように(以下)過ごしておりました。

スウェーデンからも
ブログアップ予定ですので
時々覗いてみてくださいね〜

そうそう、「ロピスラボ」のことですが、
スウェーデンより帰国後、2月3日(土)からオープンです。
のんびりゆるいペースですが
ことしもどうぞ、よろしくお願いします。

お餅つき

カフェのHANAREのオーナーさんからお誘いを受け
31日の大晦日、仲間内のお餅つきに参加。
つきたてのお餅と
HANAREのスタッフの方が
用意してくださったお料理に舌鼓ー。
素敵な出会いに感謝な年末の一日でした。

おせち

両親の家でお正月。
手みやげに「ウーバレゴーデン」さんのオリジナルおせち。
今年も頼んでおきました。
オリジナルの桐箱にセンス良く詰められた
華やかなお料理とアレンジです。
「おとそ」と「農家の野菜」「焼き菓子」まで付いています。
みんなでワイワイと、
お品書きを読みつつ、食べつつ、飲みつつ、キレイに完食。
しめは、父が大好きな「白みそのお雑煮」で。

冬イチジク

わが家の前のイチジク畑。
暖冬ですが、一度だけうっすら雪化粧をした日がありました。
| 旅行 | 12:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
飛行機に乗り遅れまして・・
ホテル

日本に帰ってきました。
予定より一日遅れて・・

というのも、
飛行機に乗り遅れたんです〜!!
こんなの初めて(涙)
寝坊とかではありませんよ〜。

この日アネヒルの近くの田舎の駅から
X2000でストックホルム郊外の空港へ行こうと
していた私たち。
「いよいよ帰るんだねえ」
とため息をつきつつ
オットのキューピーと
感慨深げに窓の外を眺めるも
車窓の景色いっこうに動かず・・

車内アナウンスが流れ
「電車遅れます」
あ、そう・・
この時点では
どの程度の遅れとか理由などは述べられず、
こういうことはまあよくあるのでと、
気を落ち着かせ
本を読んでおとなしく待っていましたが
ページはぐんぐん進むも
電車はいっこうに進まず・・

2回目のアナウンスあり。
「あー、えー、たぶん、だいたい1時間半くらい遅れます。」
なんでも除雪車が作業中に誤って
線路沿いの電気系統の何かを倒したとかで
電車再開の予定が分からないとのこと。

「えーーー!?なんでえ??」
青ざめるキューピーと私・・
電車の乗り継ぎも考えると
このままでは、
ストックホルムアーランド空港から
ヘルシンキ空港までの便(そしてそこから関西空港へ)
が出発するチェックイン時間に空港にたどり着けないかも。
でも、とりあえず空港にはなんとか行かねば。
だって、もしかしてラッキーだったら間に合うかも・・

結局、
電車は1時間45分も遅れ
その後の乗り継ぎ電車もさらに遅れ
スーツケースを引きずって
広い空港内を走り、
フィンエアーのカウンターに着いたのは、
飛行機が飛び立った3分後でした。
予定通りに行けば
2時間前に空港に着いているハズだったのに・・

息をぜいぜい切らせ
顔面蒼白な私たち。
「事故で電車が遅れて、遅れてしまったんですう」
と涙ながらに訴えると
フィンエアーのカウンターのおばさんが
「あなた達のせいじゃないわ。かわいそうに」
と言って、
翌日の便に乗れるように(当日は関空行きが一日1便なのでムリ)
本来変更の難しいタイプのチケットだったのにも関わらず
特別に手配してくれました。
おばさん、
ありがとう〜!
タック(スウェーデン語、ありがとう)!
キートス(フィンランド語、ありがとう)!
万歳、フィンエアー!

結局その日は、
空港近くのホテルへ宿泊することに。
なんとか翌日チケットを確保できたものの
かなり憔悴しきって
夜9時頃には
眠りについた二人なのでした。

写真は
その日のホテルのお部屋。
新しくて綺麗なホテルでした。
フェルト地の赤い椅子と
柔らかいベットマットが好きでした。

というわけで、
ただいま!みなさん。
| 旅行 | 15:58 | comments(6) | - |
スウェーデンへ行ってきま〜す
窓辺

いよいよ、明日からスウェーデンへ行ってきます!
今回はとにかく間際までバタバタで、
パッキングも今から開始という有り様・・

留守中の植物のお世話は
毎夏両親に頼んでいましたが
少しはなれたところに住んでいるし、
暑い中わざわざ悪いなあ・・と思っていたのですが、
今年は、103号室にお友だちJちゃんがいますからね!
植物のお世話を快く引き受けてくれました、感謝デス。
お友だちが同じマンションに住んでいると
留守中の用心の意味でも何かと安心します。

次回のブログは
スウェーデンからの更新です。
お楽しみに!

では、いってきまーす。
| 旅行 | 20:55 | comments(6) | - |
ただいま、アネヒル
アネヒル窓辺

アネヒルに無事到着しました。

毎度のことですが、
アネヒルに着いた最初の1週間は
死んだように眠りに落ちます。
日本にいるときは
ここ数年少し不眠症気味なので
眠れることはとってもうれしいです!

ただ、旅の途中はやっぱり疲れますね〜
テロ以降、最近は特に空港警備が厳しくなっていて
スムーズに旅をするための時間は
多めにみた方がいいようです。
前は空港に2時間前に着いていたら余裕って感じでしたが
今は3時間みていた方が、なにかと安心かも。

今回私たちの旅でプチトラブルは、
夫のキューピーのスーツケースが
乗り継ぎ地点で遅れ、
同じ飛行機で到着しなかったこと・・
結構聞く話ですが、
私たちはラッキーなことに
今まで経験したことがありませんでした。

結局アネヒルに向かう前にその日は
ストックホルムに一泊したので、
翌日の朝、ホテルに無事届いていました。ほっ。
まあ、キューピーの方は
スーツケースのなかに全部の着替えを入れていたので、
その晩は、パジャマもなしの本気キューピー!な感じで、
眠りましたけど。

まあ、とにかくアネヒルに着きました。
スウェーデンの夏の森で過ごす時間が今日から始まります。

飛行機から

飛行機からの景色。まさに森と湖の国、スウェーデンです。
ところで客室乗務員にとってもハンサム君がいたのですが、
あきらかにゲイでした・・
残念〜?!
| 旅行 | 15:35 | comments(3) | - |
空飛ぶ「ぼんち揚げ」
ぼんちあげ

台風が関東直撃でしたね。
昨日は、東京から雑誌の取材のために
ロピスラボへ
素敵な女性編集者とカメラマンが来てくださったのですが
あの後、新幹線で無事に帰れたのかしら・・
と心配になりました。

さて・・
日本に帰ってきてからというもの
私と夫のキューピーは
食欲の秋全開となっております(笑)
昨日の晩ご飯は、サンマづくし。
脂の乗った新鮮なお刺身に、
塩焼きを堪能しました。

ところで、
私の食に対するいやしいまでの情熱もここまで来ると
ハズカシイやら情けないやらと
反省することがありまして・・
それは、空飛ぶぼんち揚げのことです。
正確には、旅するぼんち揚げと申しましょうか・・

2ヶ月ほど前に
私が家の近くで買ったごく普通の「ぼんち揚げ」は
7月2日関西国際空港を発った後、
フランクフルトを経由し、
ストックホルム・アーランダ空港へ着
同日ストックホルム・ホテル1泊。
翌日ストックホルムから電車に3時間揺られ、
スウェーデンの田舎のミョルビー駅着、
車でアネヒルの森のコテージへ移動。
アネヒルで2ヶ月近くをゆったりと過ごし、
また行きと同じルートを逆にたどり
関西空港へ、
そして
またしても、イチジク畑前のわが家へと戻ってきたのです!

なぜ・・?!
そもそも、行きの機内で食べようと買った
大好きなぼんち揚げ。
袋のクチに手をかけた瞬間は何度もあったのです。

「でもなあ〜、もしこれを今食べちゃったとして、
スウェーデンで急に、またぼんち揚げ食べたくなったとするでしょ、
そしたら、たぶん私イライラするよね・・
それできっと夢にまでぼんち揚げ、出てくるよね。
・・うーむ、今食べちゃだめだ
ここぞ!という時のために取っておかなくちゃ」

と涙をのんでガマンしたのです。
スウェーデンのアネヒルでの夏休み中も、
そして夏休みを終えて
日本へ向かう帰りの飛行機の中でさえ!
そう、私は「ここぞ」という瞬間がいつなのか自分でも
ついぞ計りきれなかった訳ですね・・。

私のケチケチした根性のために
ぼんち揚げは、
機内の気圧の変化に伴い
いちいち袋がパンパンにふくれたり
しぼんだりしつづけたわけですね。
申し訳分けないー。

で、帰国後
完全にタイミングを逃し
ますます、このぼんち揚げをいつ食べたら良いのか
分からなくなった私です。
賞味期限を見たら、2007年11月14日。
それまでにスウェーデンへ行く予定はないから、
どこかで決断せねば・・

ぼんち揚げを手に取り、
ぼんやり一点を見つめていた私に
夫のキューピーが言いました。
「この賞味期限ってちょうど、ぼくたちの結婚記念日だね」

ヒエ〜〜
いわく付きのぼんち揚げの賞味期限が、
結婚記念日(しかも10年の)なんて!
とりあえず、
その日までぼんち揚げはお預けになりそうデス。

イチジク

うちの前のイチジク畑。
ちょうど食べ頃です。
川西のイチジクは最高ですよ〜
ここから出荷されたイチジクが
みなさんの食卓にあがっているかも!?
| 旅行 | 10:11 | comments(6) | - |
今週、旅に出ます with 空飛ぶぼんち揚げ
トナカイ

今週(14日、16日、17日)のロピスラボ、
勝手ながらお休みです。
ゴメンナサイ・・
来週21日(水)からまた開けています。

というのも・・、
明日から6日間、夫と共に旅にでるのです。うふふ。
行き先はオーストラリア。
結婚記念日の旅行です。

ブログをずっと読んでいてくださっている方で
勘の良い方はもうお気づきかもしれませんが、

私たちの結婚記念日11月14日といえば
そう・・、

「空飛ぶぼんち揚げ」の賞味期限日!!
*ご興味のある方は2007.09.07のブログをご覧下さいませ

今回、例のぼんち揚げを再び旅のお供に連れて行き
ついに、ついに飛行機のなかで、開封予定。

オーストラリアでは
現地をよく知るお友達のJちゃん夫婦が
いろいろと案内してくれるのです。

スウェーデン人夫キューピーも私も
オーストラリアは初上陸!

とっても楽しみですう〜

初雪

キューピーパパからの週末便りで
「初雪がふったよ」との画像メールが届きました。
ちなみに、オーストラリアは初夏です。
| 旅行 | 11:43 | comments(7) | - |
オーストラリア、ブリスベン5日間の旅 
カンガルー

みなさん、ただいま〜
オーストラリア、ブリスベンの旅から戻りました!
たった5日間、でもとても充実した休暇でした。

初めて旅する国の楽しさは
旅の仲間によっても大きく違ってくるのかもしれません。
Jちゃん夫婦は気心の知れたお友達ということもあって
とってもリラックスできました。
彼らの知られざる?魅力も分かったし。
4人とも性格も趣味もわりとバラバラなのに
いつもながらこの心地よい連帯感は
なんとも不思議でありました。

さて、初のオーストラリアの感想は??

食べ物も美味しいし ーオージービーフ&シーフード
気候もいいし ー今なら初夏。湿気も少ない
人も明るいし ー笑顔のキュートな人たち
物価もあまり高くないし ーまあ日本並み?
観光客にはやさしい感じ。

関西空港からはブリスベンまで
「ジェットスター」という航空会社の飛行機で約8時間。
夜9時半頃の出発なので
午後シゴト終わってから空港へ行けるし
飛行機ではちょうど寝る時間だし
ついたら朝で
時差も1時間だし身体がラク。
日本の働く大人たちが行きやすい国かも、です。

旅に出るってやっぱりいい。
自分の常識や思いこみが裏切られることが
とても爽快です。

Jちゃん夫婦のお誘いを受けて実現した
オーストラリアの旅、
二人のおかげでホント楽しかったよ、ありがとう!

最初の写真は野生のカンガルー。
Jちゃんの旦那さんのおすすめ秘密スポットで発見!
カンガルーの顔って「鹿」みたいでかわいかった。

ゴールドコースト

夕方のゴールドコーストを歩きました。
海の向こうにビル群。
不思議な光景。

石拾い

海辺でJちゃんと砂に埋もれた石を拾いました。

レッドルースター

オーストラリアでは
血の滴るオージービーフ、
超美味しい生牡蠣、絶品飲茶、まで食べつくしました〜

そして、ローカルなファーストフード「レッドロースター」も。
ロテリーチキン&フライドポテトのコンビ、最高でした。
日本にあったら、ケンタッキーより通いたい!

| 旅行 | 20:18 | comments(0) | - |
冬の日本海へ小旅行
日本海
JUGEMテーマ:旅行

先日北へ旅してきました。

兵庫県の一番北、
日本海側の町々へ。

旅が好きです。
たくさんのものをとりこんで
たくさんのものをはきだせる。

それがたとえ、ほんの小さな旅でも。

同じ兵庫県に住んでいるのに
北へ行けば

色も
匂いも
人も

ぜんぜんちがう。

たった24時間程度の
素晴らしい息抜き。

その記憶だけで
たぶん1ヶ月は踏ん張れそうな想い出。

蟹水槽魚

おお〜、蟹がこんなところにも。

蟹かざり

雪雨に濡れたマンホール

出石

おばあちゃんが作ったお米を買ったら、
小さな大根をオマケにつけてくれた。
「こんなちいさいのんであれやけど、みそ汁の実ぐらいになるやろし」って。

朝市

北の地の蕎麦屋さんの屋根。

こうのとり
| 旅行 | 14:33 | comments(0) | - |
スウェーデン、ストックホルムに到着!
ホテル内
JUGEMテーマ:旅行

私と夫のキューピーは、スウェーデンに無事到着しました!

いってらっしゃい!の温かいコメントを
ブログやメールに寄せてくださって
みなさん、ありがとうございます〜。

アーランド空港に着いたのは、午後8時半。
白夜の季節で、
空はまだまだ明るいですが
森のコテージアネヒルへ向かう電車はもうないので
初日はストックホルムにとりあえず1泊です。

泊まったのは、ストックホルムで今最も新しく
注目されている大きなホテル
クラリオン・ホテル・サイン。
ストックホルム駅からスーツケースを引っ張って、
徒歩で5分程度の利便性のいいホテルです。

大きなホテルは実はそれほど興味がないのですが
このホテルの設計はスウェーデンの安藤忠雄!のような存在の
建築家ヤット・ヴィンゴード氏によるもので、
室内インテリアをキューピーの大学時代の同級生で
日本でもデザイナーとして働いていた経験を持つヤコブさん
がデザインしたということもあり、
まあ建築デザイン見学もかねて、ということで。

ホテル1

このような外観です。
周りはまだ少し工事中でした。

ホテル2

建物の下まわって
先っちょを下から見上げたら・・
こんなにとがった三角〜!

北欧モダンでまとめたスタイリッシュなホテルで、
なかなか良かったです。
ここ数年ストックホルム駅前は、
例えば、ノルディックライトホテルもそうだし
このようなスタイルのホテルが中心みたいです。

ホテル椅子

こちら、エッグチェア。
ウシの毛皮を纏っております。ロビーに何匹も・・高そうです・・

ちなみに、ベッドは私たちも日々愛用している
スウェーデンのベッドブランドDuxのもの。
寝心地の良いベッドは、私にとっていいホテルの絶対的な条件です。
どんなにお洒落でもベッドが悪いと許せません〜
おかげでぐっすり熟睡できました。

ホテル朝食

朝食は典型的なスウェーデンの
ブレックファーストビュッフェスタイル。
シンプルですが、ハムとパンと、チーズがとにかく美味しいのです〜
ヨーグルトもフルーツも、デニッシュも
ランチがいらないくらい食べちゃいました。

だってほんとに美味しいんだもん〜
| 旅行 | 17:23 | comments(3) | - |
旅から戻りましたので、その報告。
JUGEMテーマ:旅行

週末だけの小さな旅から戻りました。
旅の相棒は、夫のキューピーと103号室Jちゃん。

3532

さてその行き先はですね、、
美味しいショーロンポーと言えば〜・・台湾! 肉ジルがピュ〜

81
t928

Jちゃんは台湾出身ですからねえ〜 その案内で、食べる、食べる、食べる〜

1310

通勤の原付の人たちと一緒に信号待ち。
朝ご飯を食べに向かう。デッカイ揚げパンと甘くて冷たい豆乳とか。

2723

レトロな乾物屋さんの通り。空気が埃っぽくて、その分陽射しが和らいでいた。

2622

漢方薬を調合するお店も多し、ケムケムな匂い。
Jちゃんと蓋付の竹カゴと餃子の餡を包むためのヘラを買う。

2524

フルーツをわんさか盛った街角のジュース屋さん。
いいスープがでそうな台湾産乾燥エビ。いろんな種類があるんだなあ。

70

現地で3ヶ月限定でオシゴト中の美女Nちゃんと、合流。かんぱ〜い!

32

台湾料理の定番「牛肉麺」、そしてベルフルーツ。
しゃくしゃくしたりんご味のナスのよう?!

1542

提灯屋さん。意外と欧米人が少なくて北欧人のキューピーは目立っていた。

2939

そんなキューピーの好きだった2品。キューリのピリ辛と干し豆腐。エビも!

4340

連日食べ過ぎたJちゃんが、最終日のランチでついに壊れる。
棒状の餃子をつつきながら、ゲラゲラと涙を流しながら笑った。

3637

2泊3日の旅で最もくつろいだ台湾茶タイム。
103号室Jちゃん
美女Nちゃん
と夫のキューピーが
喉が痛くておとなしいことをいいことに
女子トーク暴走・・

話し疲れて我に返り
ふと別の席を見ると台湾人の男性3人が優雅にお茶を楽しんでいた。

こんな小さな旅では
その国のこと
何も知ったことにならないけれど
その国の人と
同じ空気を吸いこんだり
肩を並べて歩いたり
分からない言葉を聞いたり
食べたりして
すごくいい気持ち。

台湾の雰囲気と人、好きでした。

Jちゃんいろいろガイドありがとね。
Jちゃんの生まれた国はあったかい国やね。

それと、Nちゃんも一緒に旅のお供ありがと。
帰り際に渡した台湾ガイド、熟読して3ヶ月楽しんでね!


| 旅行 | 20:13 | comments(8) | - |
| 1/3PAGES | >>