CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
Love ! シニア用携帯電話
携帯電話

携帯電話を4年ぶりに買い換えました。
スクリーンの画像が一部欠けてきたのと、
底のパーツか取れてしまったためです。
最近音声も聞き取りにくく、
アンテナを伸ばして「シェイク」しても変化なしー。
・・そもそもそれ自体意味がない行為とのこと。by キューピー・・

携帯電話、
あってもなくてもどっちでもいいけど、
まあ、あれば便利かな・・最近公衆電話も街から消えたし・・で、
携帯電話をなんとか所有する私です。
今回も「メールの契約は無し」で。
窓口のお姉さんに3度も「お客様、ほんとうによろしいんですね」
と念を押される始末。

ええ、ええ、いいですとも。
何かそんなに不便でも・・?とコチラこそ聞きたいわ。
電話が出来たら充分じゃない。だって電話でしょ、コレ。
普通のコンピューターでも目が疲れるっていうのに、
あんなちいさなスクリーンに必死で何を書き込もうこうというの?
分からないわ、私には・・

で、私が目を付けたのはキャンペーンで一番安くなっていた
コチラの携帯電話。
「操作が簡単、大きな文字で見やすい!」という
キャッチフレーズにぐぐっと惹かれて、即決。
申込書を作成してもらっている間、
ひまつぶしにカウンターの上のパンフレットをめくっていたら、
この携帯電話、「シニア用」のページに掲載されていました。

・・おおー!!
思わず、にんまり。
密かに次に買い換えるなら、ぜったいシニア携帯が欲しい
と思っていたのです!

使用して今日で7日目ー。
もうその使いやすいったらありません。
説明書いらずで、分かりやすいー!
文字も大きくて見やすいの!
今までの携帯電話のなかで、一番のお気に入りです。

もしこの携帯電話もまたいつか、
どんなにシェイクしても機能しなくなる日が来たら、
次も絶対シニア携帯を買うわ!
私ってもしかして、相当変わってるのかしら・・?
それとも、キカイに極端に弱い女ってだけなのでしょうか・・?
| デザイン | 11:50 | comments(3) | trackbacks(0) |
スウェーデン人男のお裁縫
バッグ1

スウェーデン人夫のキューピーが、週末ピンクのバッグを縫いました。
「本屋さんに行くため」のバッグだそうです。
雑誌などが、ストレスなくすっと入るサイズです。
内側に電車のカードとかコインを入れる、
コレまたピンクの丸いポケットがついています。

妻が断言しますが、キューピーはけしてゲイではありません(笑)
デザインしたり、作ることが大好きな
ごく健康なスウェーデン人男性で、
最近、布ものデザインにも目覚めたというわけ。
使用したピンクのテキスタイルは、スウェーデンのフェローソ社のもの。
ハンドプリントなので、色がとても綺麗です。
「大人の女性が持つピンクトート」がコンセプト。
ピンクをカワイク、というよりクールにカッコよく持つ
ということがキューピーこだわりのデザインテーマだそうです。
確かに、ピンクバッグなのに全体的になぜか
甘すぎない仕上がりになっている気がします。
そこが「男のお裁縫」ならでは、なのかしら・・

記念すべき一作目を、
朝、ロピスラボにこうして展示しておいたら、
午後にはもう売れてしまいました・・
モチロン大人の素敵な女性にお買い上げ頂きました。

キューピーのバッグコレクションは、
今後気まぐれに継続していく予定。
もしお店で偶然に見つけた方は、ラッキー(?)です。
ちなみに、
キューピーが手がけるお裁縫ものにつけるためだけに
オリジナルタグを作ってしまいました・・!
黒地に「Grattis」と白い刺繍でステッチしてあります。
スウェーデン語で「おめでとう!」の意味です。

バッグ2

そのタグの裏面には
キューピーの「実名」!入ってます(笑)
| デザイン | 09:30 | comments(5) | trackbacks(0) |
サボテンと闘牛君
サボテン

スローな私たちにしては、
最近モウレツに忙しく(他の人からしたらこれで普通なのかも?)、
ブログのアップはもちろん、
コメント戴いた方へのお返事、なかなか出来ずにいます。
だけどコメント、いつも励まされています。
心からありがとうございます。

さて、そんな私が癒されたこのペアをご紹介します。
お友達からもらったミニサボテンと、
ずっと前に空けた
スペイン産のワインボトルに付いてた闘牛君です。
特に理由はありませんが、
なんとなく小さな陶芸の豆皿の上に合わせてみました。
ちょっと不思議な感じ。気に入りました。

ミニサボテンは、もらったとき5ミリくらいだったのですが、
今日気づいたら、1センチになっていたのです!
しかも5ヶ月もかけて!(笑)
すんごいスローな成長ぶり。
私みたい。
いいぞ、サボテン君!
スローライフ万歳!
| デザイン | 19:16 | comments(1) | trackbacks(1) |
魅惑のバンビちゃん
バンビ

秋晴れの爽やかなお天気が続いていますね!
週末はどこかお出かけの方も多かったのではないでしょうか?

ところで私、「バンビ」にはまっています。
数年前、スウェーデンの夏のコテージ、アネヒル近くの丘で
とても美しい2匹のバンビを見て以来のことです。
蚤の市に行っても、
どこに行っても、
バンビものを見つけると
ふらふらとすい寄せられてゆきます。

アニメーションのかわい過ぎるものはあまり好みではありませんが、
ちょっとヒネリのあるバンビが好き。

こちら大阪の古着屋さんでみつけた「バンビ」ブローチ。
一目惚れの即買い。店主によると
「ロスで買いつけてきたときに紛れてたような気がする、たしか・・」
とのこと。

ストックホルムの「デザイントーゲット」という
デザイン雑貨セレクトショップに行ったときも、
フィンランド人のデザイナーの「バンビリング」を買っちゃいました。
バンビの顔が記念写真みたいにおすましして、
リングの中に入っています。

実はキューピーのおばあちゃんも
バンビものコレクター。
彼女の家には私のツボを刺激するものだらけ・・
遊びに行くと落ち着きません(笑)

| デザイン | 10:30 | comments(1) | trackbacks(0) |
スウェーデンの老人ケアセンターのインテリア
ケアセンター

私の大好きな年上の友人で
カラーの講師&インテリアコーディネーターでもある
Aさんが12月にスウェーデン旅行に行きます。
旅の目的は、病院やケアセンターの見学。

彼女は最近
「日本の病院の待合室などのインテリアをもっと明るく素敵に変えたい」
という想いが胸に来て、福祉国家スウェーデンに実際に行って見てみよう、
しかも年内に・・となったのです。
彼女のスゴイところは、
思い立ったら即実行、そして常に前向きなところ。
40歳を越えたら迷っている時間などない、そうです。
女性としても仕事人としても、
尊敬しています。
旅を終えた彼女は、
きっと益々使命に燃えて意欲的に仕事をしていくことでしょう。

この写真は夫のキューピーがお世話になってている
スウェーデンのごく普通の田舎町のケアセンターの室内。

家族がお見舞いに来るときに使ったりする
ダイニングやリビング家具のセット、
壁を飾る絵などが
これ見よがしではなく、
ごく自然な感覚でセンス良くしつらえられています。

個室には、
私物の家具など持ち込みが許されているので
各部屋は、そこに住んでいる人によってインテリアが違います。

スウェーデンのケアセンターを覆う空気は、
けして絶望のような耐え難く重いものではありません。
むしろ安らぎとか静けさ、癒しや許し
教会堂のなかに漂う、
あの感じと似ているような気が私にはするのです。
| デザイン | 09:39 | comments(6) | trackbacks(0) |
あったかルームシューズの季節
ルームシューズ

この冬わが家に加わったルームシューズ。
原毛から仕上げたハンドメイドフェルトで作られた一足です。
かたくしっかりと、フェルト化されたフェルトのシューズの中には
ふわふわの柔らかな白い羊の毛がたっぷり敷き詰められています。

このルームシューズ、
フィーカ友達でもある靴職人Rさんからいただきました。
靴職人さんならではのこだわりが詰まった
オールハンドメイドのあたたか〜いルームシューズです。
しかも、足の形に良く添い、ストレスをまったく感じません。

一度試作段階のものを見せていただいたことがあります。
その後いろんな意見を反映して
木型を変更したり、
何度も試作を重ね、
ついに完成品となって
再び目にしたルームシューズは本当に素敵で
なんだか幸せオーラ漂う一足となっていました。

この冬は温かな足元で気分良く過ごせそうです。

Rさんのこだわりのルームシューズ、
「Whangdoodles」のHPには製作過程なども紹介されています。

エッジ

心を込めてひと針づつ手縫いでしっかり、
かがり縫いされています。カカトの革のタグも素敵。

裏

裏にはロゴがプリントされています。
滑らないように革を裏使いしています。

イチジク畑

おまけ。
本日のイチジク畑(・・わが家の目の前)の模様。
冬になり、ほとんどの葉は落ちてしまいました。
農家のおじいさんが朝から枯れ葉を集めて燃やしていました。
イチジクの葉は、
燃やしてもイチジク特有のあの甘い香りの煙なのです。
ちなみに靴職人Rさんは、無類のイチジク好きな女性です。

| デザイン | 13:23 | comments(2) | trackbacks(0) |
はじめのロピス
カペラ

私がスウェーデンの蚤の市(ロピス)に
はまるきっかけとなった
お店がこちら。
はじめてここを訪ねたのは
今からもう8年ほど前になります。

スウェーデン滞在中暮らしている
森の中の赤いコテージ近くにあるこのロピスへは、
いつも夫のキューピーと自転車で出かけています。

へんぴな田舎にあるごく普通のロピスなのですが
去年の夏は、
スウェーデンのインテリア業界の超大物デザイナー氏と
店内でばったり遭遇!!
「こんな場所でありえない〜」「何探しに来たんだろ?」と
キューピーと興奮していたのですが、
店主のおばあちゃんはまったく無関心のようでした・・。

ロピスめぐりはユニークな店主や
そこへ集う様々な人たちとの出会いも楽しみのひとつ。
今年はどんな出会いがあるかな〜

スウェーデンへ旅立つ7月が迫ってきました。

教会

夕方、ロピス近くの丘の上の小さな教会で。
日曜日になると、賛美歌の歌声が聞こえてきます。
| デザイン | 09:39 | comments(5) | - |
スウェーデン、テキスタイルの王国へ
アルメ玄関

昨日は、テキスタイル巡りの日帰り旅へ出かけていました。
スウェーデンデザイン好きならお馴染みの
シナサンド(現サンデン)やアルメダールスなどなど
いろいろなファクトリーショップを訪ねました。
毎年夏にはこのプチトリップをしています。
アネヒルから車で3時間、
いいドライブにもなります。

アルメダールスでは
お店に隣接する小さな
ファクトリーミュージアムへも立ち寄りました。

アルメダールスの歴史を
写真や実物のテキスタイルと共に
見学できます。

アルメ2

日本でも
アルメダールス社の製品は購入できますが
ちょっと珍しそうな柄を
ロピスラボのためには少し仕入れました。
お楽しみに。

アルメ0
| デザイン | 22:32 | comments(4) | - |
かわいい、ディテール
テープ1
JUGEMテーマ:アート・デザイン

このテープ
さて、どのようにして使うものでしょう?

答えは・・
キッチンの吊り戸の中や
パントリーの棚の
縁を飾るためのテープ。
シールになっています。

テープ2

アイデア次第で、いろんなふうに使えそうですよ。
70年代に作られたヴィンテージ品。
蚤の市で買い付けました。

こちらも夏休み明けの
ロピスラボに登場します。
お楽しみに〜!
| デザイン | 18:40 | comments(0) | - |
スウェーデン、10グルッペンのがま口バック!
ご褒美バッグ
JUGEMテーマ:アート・デザイン

ストックホルムで買いました。
ティーオ・グルッペンのバッグ。

毎年お店のなかで
あれこれ触っては

これ買おうかな〜
でもな〜

で、決心つかず
結局買わない
ということを繰り返していましたが

今年このカタチにはやられました。
がま口〜
しかも大好きなミドリ色。

「自分へのご褒美」

てことで即決&即買い。

問題は、実際近頃ご褒美を
もらえるほどいいことしたって
記憶はないんですけど、

まあいいでしょう。
ワタシって女は
かなり高い確率で時々そういう人です。


| デザイン | 21:38 | comments(1) | - |
| 1/2PAGES | >>